AbSolute High Cap

AbSolute High Cap

AbSolute High Capは、シリカゲルにProtein Aが化学修飾された、アフィニティークロマトグラフィー用充填剤です。
高い抗体結合容量(DBC)を有しており、特に高流速域で使用する場合においても、性能が維持でき、生産性の向上及び製造コストの削減が可能です。

AbSoute High Capは、Novasep Process SAS(France)社と共同開発した製品です。当社が充填剤の開発製造及び量産化、Novasep Process SAS社にて販売及びテクニカルサービスを行ってまいりましたが、この度Novasep Process SAS社がAbSolute High Capの販売権を当社へ譲渡する事となり、2015年4月1日より当社及びAGCグループにてAbSolute High Capの製造・販売を行う事となりました。

基材のシリカゲルは、設立以来約70年間培ってきた、粒子径制御、細孔制御及び表面処理技術を基に 開発されたクロマトグラフィー用充填剤のM.S.GELを採用し、粒子径、細孔径が最適化されています。

アフィニティークロマトグラフィー用に設計されたシリカゲル、ProteinAにより、高い動的結合容量を実現しました。
高流速域においても性能を維持できるため、ハイスループット精製が可能となり、生産性の向上及び製造コストの削減が可能です。

Fig.8 Comparison of DBC at 10%BT with protein A media available on the market
Column:5.0×50mm (0.98mL-bed)