• HOME
  • 技術情報
  • サンラブリー

サンラブリー

サンラブリーLFSの自己造膜のメカニズム

サンラブリー LFS HN-150 単独塗膜硬度・密着性評価

これらのテストは 日本工業規格:JIS K5600に基づいて行っています
*室温下、蒸留水 / 5質量%硫酸 / 水酸化ナトリウム水溶液 (pH10) 中に24時間浸漬後の変化

サンラブリーLFSの樹脂複合化塗膜の表面強度評価

これらのテストは 日本工業規格:JIS K5600に基づいて行っています
*室温下、蒸留水 / 5質量%硫酸 / 水酸化ナトリウム水溶液 (pH10) 中に24時間浸漬後の変化

サンラブリーLFS 樹脂複合化塗膜の親水性評価

サンラブリー LFSの濃度増加により, 樹脂塗膜の表面が親水化していく

サンラブリーLFSのアプリケーション
分野 処理 サンラブリーLFSが発現する機能
塗料 塗料へ配合、複合化 遮熱塗料のバインダー機能
種々の微粒子担持機能(TiO2光触媒担持等)

無機塗料配合による耐候性、耐熱性の向上
塗膜表面硬度の向上
親水性付与し、防汚性を向上
樹脂(フィルム) 樹脂(フィルム)へ配合、
複合化、若しくは、表面コート
鱗片形状(高アスペクト比)なのでガスバリアー性を付与
樹脂フィルムへ配合することでガス透過性を抑制。
耐熱性、難燃性の付与
表面硬度を向上させ耐摩耗性を向上
金属 金属表面コート 酸化防止膜を形成(防食)
紙表面コート、若しくは配合 表面改質(親水化)
紙表面の耐摩耗性向上
窯業、金型 基材との密着 耐熱性、密着性を有しており、シール材として機能
繊維分野 繊維への配合 抗菌剤などの担持
耐熱性、難燃性付与
その他 研磨効果